テスター、配線図との格闘の末・・・

電装班塩見です。

マップメーターの製作をしていました。

配線はすぐにできたのですが、なぜか動いてくれませんでした。

レギュレーターという電圧を変換する部品がすぐに熱くなるという不可解な現象が起こってました。

この原因究明のため、ひたすら配線図とにらめっこし、テスターでちゃんと電気が通るのか調べていました。

以前もお話したとおり、原因が目に見えないので、なかなかわからないものです。

ただむなしく、テスターが「ピー、ピー」なってて、原因がつかめないもどかしい時間を過ごしました。

そして、木曜ようやく可変抵抗あたりの接触が悪かったことをつきとめ、液晶バックライトが光るようになりました。しかし・・・

マップメーター完成

プログラムを入れ、動かしてみると今度は謎の文字が・・・

マップメーターのくせに長さの単位が^^で、さらに3:1とか意味のわからない表示がでてきました。

次から次へと問題が出てきてもう嫌になりそうでした。

でも翌日よく見てみると、配線が正しいのと入れ替わってついているのに気づきすぐに修正しました。

その結果、正常に動くようになりました。完成しました^^

配線を一か所入れ替えるだけで、あんな意味のわからない表示になるんだとある意味勉強になりました^^;

つくってみれば、予想もしないことが起こるものだなと思いました。すんなり動かせるようにもっとうまくなりたいです。

上林君が製作中のロガーがまだ動いていません。次回からこの原因究明に加わります。

また、テスターと配線図との格闘に挑んでいきます!

Leave a comment

Your email address will not be published.

*



WP-SpamFree by Pole Position Marketing